A-CUP CLUB DIARY -SEASON THREE-



信長の野望


天下をとるだの、信長の野望だのいろいろとほざいていようと、所詮負け犬の遠吠え。要するに、80字以内で簡潔に説明すると

『筑波耐久茶屋 5時間耐久ミニバイクレースに参戦すべく、レース前日練習走行してたらコケた。ケガは左小指開放骨折、右手親指靭帯断裂、左肋骨一本骨折』

つことで、まさに満身創痍とはこのことである。

とても運が良かったのは、転倒後、5時間後には手術が終わったこと。重傷だったわりに処置が早かったので大事には至らなかった。(このあたりの話はまた別途)

っても、ホントは入院してもおかしくないんですからねー、と看護師さんに言われたが、かといってそのまま家に帰ってSEブチョーとぽそぽそごはん食べたりしたら、ますますブルーになって別な病で病院おくりになてしまいそうだったので、結局筑波に戻り、レース前夜祭で盛り上がるチームに合流。

ああ、痛いですよ、痛いですとも。麻酔が切れて、どんどんどんどん痛くなるわけですよ。しかし、だ。てんちょーやブンゲンさんから発せられる容赦ない罵声と嘲笑に耐えることを考えれば、こんなケガの痛みなぞはっきりいって蚊に刺されたようなものである。おかげであたくしはその夜、結局痛み止めを飲まずに爆睡することができた。

さらにいうなら、気がつくと、あたくしのしらうをのような手を包む真っ白い包帯が、宴会で意図的につけられた醤油とかラー油のシミだらけ・・・。次の日病院で看護師さんにのけぞられ、待合室の患者さんに失笑され、そのかっこ悪さといったら、転倒したかっこ悪さなど恥の数に入らない。

そしてつくづく思うのだ。今日あるあたくしは、みんなに鍛えられたたまものなのだな。かくして、あたくしはまた強くなる。

ありがとう、みんな。次は天下を奪るよ。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2013年12月04日(水) No.319 (レース)

信長の野望


蒸し暑い、夏至の日の京都の夜だった。
備中高松で戦う羽柴秀吉の援護を命ぜられた明智光秀は、突如、桂川で踵をかえす。「敵は本能寺にあり!」秀吉の援護には向かわず、自身の主、織田信長に反旗を翻した。

世に言う本能寺の変である。

天下統一を目前に倒れた信長の心中、いかばかりであろう。
あたくしは、ほほを伝う涙をぬぐいながらぱたんと『信長公記』を閉じた。

ああ、いまのあたくしほど信長のきもちが理解できる人間はほかにおるまい

そうだ、天下は目の前だったのだ。あとすこしで、あたくしはチームトップタイムをたたきだしオートショップアオヤマの勢力図が塗り替えられ、翌日には晴れてあたくしの天下となるはずだったのだ。なのになぜ、ああ、なぜあたくしは、筑波サーキットの第一ヘアピンでコケたのか?!

あのとき、転倒直後、屈辱に耐えかねて、あたくしはオフィシャルに向かって叫んだ

蘭丸*!介錯をっ!

「姫っ!すぐ参りますっ」

オフィシャルはそう言ったが、来たのは救急車だった・・・

コケるだけならまだしも、もれなく骨折もついてくるというこの始末に、もうあたくし骨も心も複雑骨折。「あ〜カッコわる〜・・・」と何度も救急車の中でつぶやく信長公にそんなことないですよ、とオフィシャルのにーさん。おやっ、よく見るとちょっとイケメンじゃないの!!ここはしおらしく痛い痛いと泣いたフリしたほうがカワイイだろうか、などと煩悩がよぎるあたり、あたくしの天下はまだまだなのかもしれない・・・

「つーか、20年早いわ!ヴォケ!」

てんちょーとブンゲンさんの罵声と高笑いが頭の中でリフレインしていた

(つづく)


*蘭丸=森 蘭丸、信長のお小姓

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2013年12月02日(月) No.327 (レース::耐久)

信長の野望


蒸し暑い、夏至の日の京都の夜だった。
備中高松で戦う羽柴秀吉の援護を命ぜられた明智光秀は、突如、桂川で踵をかえす。「敵は本能寺にあり!」秀吉の援護には向かわず、自身の主、織田信長に反旗を翻した。

世に言う本能寺の変である。

天下統一を目前に倒れた信長の心中、いかばかりであろう。
あたくしは、ほほを伝う涙をぬぐいながらぱたんと『信長公記』を閉じた。

ああ、いまのあたくしほど信長のきもちが理解できる人間はほかにおるまい

そうだ、天下は目の前だったのだ。あとすこしで、あたくしはチームトップタイムをたたきだしオートショップアオヤマの勢力図が塗り替えられ、翌日には晴れてあたくしの天下となるはずだったのだ。なのになぜ、ああ、なぜあたくしは、筑波サーキットの第一ヘアピンでコケたのか?!

あのとき、転倒直後、屈辱に耐えかねて、あたくしはオフィシャルに向かって叫んだ

蘭丸*!介錯をっ!

「姫っ!すぐ参りますっ」

オフィシャルはそう言ったが、来たのは救急車だった・・・

コケるだけならまだしも、もれなく骨折もついてくるというこの始末に、もうあたくし骨も心も複雑骨折。「あ〜カッコわる〜・・・」と何度も救急車の中でつぶやく信長公にそんなことないですよ、とオフィシャルのにーさん。おやっ、よく見るとちょっとイケメンじゃないの!!ここはしおらしく痛い痛いと泣いたフリしたほうがカワイイだろうか、などと煩悩がよぎるあたり、あたくしの天下はまだまだなのかもしれない・・・

「つーか、20年早いわ!ヴォケ!」

てんちょーとブンゲンさんの罵声と高笑いが頭の中でリフレインしていた

(つづく)


*蘭丸=森 蘭丸、信長のお小姓

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2013年12月02日(月) No.318 (レース)

たまえちゃん、天下を奪る


アオヤマさんちのてんちょーのブログ、めずらしくツーレポが充実してるな。前回なんか2回分のツーリングまとめてのレポートで、どんだけ手をぬいてるんだと小一時間。ま、オモシロいブログなのでここは勘弁してやろう。

それにしても、ブログ内ではあいかわらずひどい扱い をされっぱなしなあたくし。今回は特にけちょんけちょんに書かれているのだが、これは、あたくしが筑波サーキットのサイトで、「こんなキレイな人が、筑波サーキット大食い大会で優勝?」と紹介されたのがよっぽど気に入らないのか、はたまた、この間のミニバイクの走行会で、思わぬ好タイムをだしたあたくしに、危機感を抱いちゃってるみたいな?!

おそらく後者だろう。ふはははは!

なんてったって速いヤツが偉い世界だからね。そういえばアオヤマさんちが耐久レースに初めてでた10年前。あたくしは夢に描いたのだ・・・こんなストーリーを・・・・

-------------------

てんちょー、今回のレース、あたくし走らせて頂くわ。モトハシくん、あたくしのドカ、適当にカスタムしておいてね。鈴鹿のうえじぃにも 連絡して鈴鹿から5時間以内に来なかったら廃油缶にぶちこむって伝えてちょうだい。
イタリアの工場には連絡しておくからパーツは好きなだけ頼んでかまわなくてよ。すぐ空輸させるわ。

ケミカルが足りない?いやだわ。あたくしそういう細かいこと苦手なの。ちょっと!ほらげっち!この小切手もってWAKO'S買収してきてちょうだい!

あ、キノシタさん、転倒脱出キットおねがいするわ。パラシュートテストはやっておいてね。ちょっと着地が心配なの。例の自動分解装置?あってもかまわないわよ。白金のあたくしのガレージから999Rでもデスモセディチでもすきな選んで試して。それからまきびし散布キットはマストアイテムだから必ずつけててもらわないと困るわよ。

あらやだ、ツナギがほころびてるじゃないの。 銀座のシャネルに電話してお直しにきてもらうようにおねがいしなきゃだわ。んもー、フランスの革はだめね。やっぱりグッチのMFJ公認にしておけばよかったわ

2004年11月19日Aかっぱー日記より
-------------------



当時これを日記にしたためたあたくしは、みんなから袋だたきに遭ったが、まさか本当にこんな日が来るなんて…ああ、感無量・・・!


って、永遠にこねぇよ

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2013年11月06日(水) No.314 (レース::耐久)

レースクイーン


アオヤマさんのてんちょーが参戦するテイストオブツクバ。6月の開催にむけ、てんちょーもそろそろ準備にとりかかったようだ。まずなによりも最初にきまったことといえば、なんと今年はレースクイーン2名体制!

これに伴い、あたくしはてんちょーから二人のマネージャをやってくれと頼まれた。何をやるかっていうと、

「はいはい、おにいさん、そういう角度から写真撮らないでねー。ほら、そこ!軽々しくおっぱいつつかない!タダじゃないんだよ、タダじゃ!」

みたいな感じで、近づいてくるカメラ小僧から彼女たちを守るというお仕事だ。で、その仕事を引き受けた直後のてんちょーのブログ

-------------------------
(レースクイーンとマネージャの3人ならんだら) 他のお客様から
「あれ、てんちょーブログでレースクイーン2人って書いてあったけど3人いるじゃないですかぁ」
なあ〜んて言われちゃったりしてね…

(オートショップアオヤマのブログ2012年4月24日より抜粋)
---------------------------

なーんて書かれてるんだが、実はこの間お店に遊びにいったとき、てんちょーのパソコンが目に入り、ちらっとこの日記の下書きが見えたのだ。そして「レースクイーン3人いるじゃないですかぁ」のくだりが

「3人ならぶと、とらわれた宇宙人じゃないですかぁ?」


「とらわれた宇宙人」


と書いてあったのをあたくしは見逃さなかった。長身のふたりに挟まれたあたくしが宇宙人とな?!

オトナのあたくしは黙っていたが、このままこの下書きがアップされたうえしかもレースに勝てなかったら、廃油缶に重石つきで沈んでもらおうと思っていたが、正直に「美人マネージャ」って書いてくれたので、まぁ今回はこのへんでかんべんしてやろう

それにしても最近のてんちょーの日記は油断もスキもありゃしねぇ

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2012年03月30日(金) No.290 (レース)

中の人


ミッキーマウスの中の人は、自分がミッキーマウスの中の人であることを絶対に人には言ってはならない。ミッキーマウスはミッキーマウスであって、中にヒトが入っているなんてことがあってはならないからだ。だから、「私ミッキーの中の人です」などと公言したら最後、黒服に囲まれて東京湾・・・・

・・・なんていうのは都市伝説に決まっておる。確かに「ひねもすミッキーの中の人」なんてブログ書いて「今日のガキはウザかった」なんて書いてたらまずいだろうけど、親兄弟や友達にたとえば「私、来月からミッキーの中の人やるの!」ぐらいのことは話すだろうさ。

ということで、この日記を読んでいる人限定で、あたくしもバラしてしまおう

あたくし、5月のとあるモータースポーツイベント(レース)で、あるキャラクターの中の人をやります。

ケリなど入れてくるガキんちょに「てめぇ!なめんじゃねぇぞ!」とキックかましている某都道府県の鳥のキャラクターがいたらそれはあたくしです。

みなさん、ぜひ遊びにきてください。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2011年04月01日(金) No.276 (レース)

祝!初優勝 in 筑波サーキット


何度思い出しても気持ちのいいものである。

祝!みそぎたまえ 筑波サーキット レース初参戦 初優勝!!


筑波最強チームと言われたオートショップアオヤマのお歴々の中でも、実は優勝を経験しているのはごく少数。そんななかで久しぶりに優勝者を出したこの試合は、耐久ともスプリントとも言い難い、ちょっと変わったレースであった。

このレースに、あたくしは筑波表彰台の常連ブンゲンさんとプリンさんの3人でチームを組み参戦した。今回は参加が目的ではない。入賞でもない。我々には勝ちに行った。ブンゲンさんもプリンさんもこの手のレースはお手の物。問題はあたくしである。ふたりの足をひっぱらないように、あたくしは密かにほぼ週に一度練習も重ねてきた。

さて、フラッグが振られスタートすると、序盤は我々がほぼぶっちぎりの独走状態。しかし、若干飛ばしすぎたか、3人とも終盤はヘロヘロになり、しかも優勝候補が激しく追い上げ。最後はテール&ノーズの大接戦。そして最後はなんと3チームがほぼ同時にチェッカーフラッグ!最終的な判定で我々の優勝が告げられた時の感動は、もはや涙なしには語れまい。

こんなチャンスをくれたオートショップアオヤマさんちには、本当に感謝している。レースの最中に聞こえたみんなからの声援は、何にも勝るカンフル剤。いつも通りレースの様子をビデオで撮ってくれたミツイさん。ありがとうございます。あとでじっくりみて見て、目線やフォームをチェックしよう。うむ。


まぁ、このレースが筑波サーキット主催の豚丼の大食い大会だったということはこの際どうでもいいだろう。

なお当面、焼肉のお誘いは遠慮させていただきます・・・げぷっ

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2010年08月16日(月) No.261 (レース)

レースクイーン


アオヤマさんちは今年もレース活動をちゃんと行っており、なんと今年は全日本第一戦(筑波)にスポット参戦したりもした。

しかし、なんといっても話題になったのはテイストオブツクバ、神楽月の陣であろう。このレースには、プリンさんとてんちょ〜がそれぞれMonsterクラスとHelacresクラスに出場したが、実はそんなことはどうでもいい。

何がすごかったかというと、このレースでアオヤマさんちはなんと初のレースクイーンなるものをつけたのである!


まりなちゃん


まりなちゃんは長身プリティな22歳。背が高いうえハイヒールをはいているもんだから、話をするときプラネタリウムでもこんなに疲れないぞ?というぐらい首が疲れる。しかし背が高いだけにそれはもう栄える、映える。手足も長く、腰の位置なんてあたくしの胸のあたり。いったい何を食べたらこんな体になるのかと小一時間だ。後に、あたくしとまりなちゃんが並んで歩いているところをビデオでみたのだが、あたくしはどこをどうみてもとらわれた宇宙人であったのは、涙なしには語れない。


とらわれた宇宙人の図


まぁ、背なんかどうでもよくて、まりなちゃんのその豊満なるおっぱいたるやもうたまえちゃんはもう涙さえでなかった。あたくしがかなうのはもはやその放漫な人生だけである。

最後はバイクにまたがってサービスショット。エロい・・・エロすぎる!



残念なことにこのイベントを最後の彼女はこの仕事を引退・・・。プリンさんやてんちょ〜のレースの結果などもはや誰も覚えていないが、まりなちゃんはアオヤマさんちの伝説となったのであった。

それにしてもあの華やかさは何物にも代え難いな。ぜひまた呼んでほしいものだ。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2009年11月27日(金) No.246 (レース)

テイスト・オブ・ツクバ


さて、オートショップアオヤマさんちが久しぶりに参戦したテイスト・オブ・ツクバで、プリンさんの活躍やいかに?という話だが、なんと予選、鼻ほじりながら楽勝で2位通過!

チェッカー受けた時点では1位だったのだが、後続のライダーがベストを更新して惜しくもポールポジションを逸すも、2位でという快挙にピットは沸きに沸いた。

「巨大横断幕を用意した甲斐ががあったというものだな」

と、SEブチョー。

今年はレースが少なく、ネタも少ないので、話題作りのために我が家ではプリンさんの名前の入った巨大横断幕を用意したのであった。大きさ実に横4メートル。メインストレートにひるがえる横断幕に、「ここはオートレース場か!ォィ」という声もあったが、これだけ目立つ横断幕、せっかくなので、

「嫁 募集中!」

と書いて、問い合わせ先にアオヤマさんちの名前と電話番号まで入れておいた。

あれから数日がすぎたが、アオヤマさんちには問い合わせの電話がなりっぱなし・・・・


・・ということは、どうやらないらしい・・・・

なぜなら!!
オートショップアオヤマさんちにとりついて離れない「スタートの悪魔」が今日もプリンさんの耳元でささやいたからだ。

「ジャンプスタート」

よ〜するにフライングだ。スタートのやりなおしがないバイクのレースでは、フライング=即負けを意味するわけで、つまりレースはわずか30秒で終わったのであった。

まぁそもそも、この日はあたくしの誕生日がメインなわけで、プリンさんのレースはおまけみたいなもんだから、べつにきにしなくていいんだけどね。と言ったところ、よし、オレがバースデーケーキを焼いちゃる!と、プリンさん。

プリンさんにはホットプレートに、ホットケーキミックスをクレープのように薄く小さく2枚を並べて焼き、それぞれの真ん中に干しぶどうを一つづつ置いた。

「Aカップケーキ(^0^)v」

・・・(-"-)

次の12月のレースで負けたら、プリンさんには廃油缶に沈んでもらうことにする。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2008年07月08日(火) No.223 (レース)

テイスト・オブ・ツクバ


今年、オートショップアオヤマさんちはレースに参戦しないので、あたくしは激しく退屈な思いをしているのであるが、そんな中、プリンさんがテイスト・オブ・ツクバで出走することになった。

テイスト・オブ・ツクバは、以前までテイスト・オブ・フリーランスという名前で行われていたレースで、いつまでも少年の心を忘れず夢を追い続ける大人のレース・・・らしいが、もっとわかりやすく言うとに大人になれないオヤジが集まって、いい年こいて1秒を競るという、激しく大人げないレースだ。

とはいえ、日本が世界に誇る有名旧車がこれでもか!というぐらいに集まるので、集客は筑波選手権の比ではない。パドックもギャラリーも、そらもー大変なひとだかりで、入場料も4000円(当日券)という強気な値段。集客力のある由緒あるレースなのである。

前回のこのレースでは、モンスタークラスで2位という好成績を残したプリンさんだが、今回はどの程度がんばってくれるか楽しみだ。

がっ!

しかしはっきりいって、そんなことはどうでもいい。なぜなら、その日はあたくしの誕生日だからである。

察するにパドックのアオヤマさんちのテントでは、「たまえちゃん誕生日おめでとう」の横断幕、ウェディングケーキかと見まごうバースデーケーキ、プレゼント(おそらくオーリンズのサスとかマグホイールとかカーボンのパーツとか)、備長炭の上で踊るイカ・タコ・エビ、そして高級松阪牛!

・・・が用意される(案)。

おそらく、ピットクルーは昼真っからビールをかっくらって、使い物にならないので、サインボードも、あと1周なのにあと3周なんてだしてまちがえちゃったり、そもそも出すのわすれちゃったりするかもしれないけど、まぁメインはあたくしの誕生日だから、まぁそのあたりはご愛敬だろう。

とりあえず、プリンさんには、表彰台のいちばん高いところにたっていただき、あたくしの誕生日に華をそえていただこうでわないか!

がんばれ!プリンさん!

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2008年06月05日(木) No.220 (レース)

[1][2] [3] [4]