A-CUP CLUB DIARY -SEASON THREE-



AGUSTA F4-SENNA 便秘に効きます


あたくしは、頭痛もちであるということ以外、至って健康体だ。健康診断の結果はぶっちぎりで異常なし歴25年。

女性特有の便秘や○○痛とも全く縁がないため、やはりあたくしは男ではないのかという噂もある。

そうそう、便秘で思い出したが、AGUSTA F4-SENNAを駆るストブリにぃさんは、愛車を「センナ」と呼んでいるらしい。

便秘に効きそうだな・・・(--;

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月22日(火) No.140 (未分類)

なんと3万キロ点検!


なんとローラ号、いよいよ3万キロ点検である・・・

いつの間にそんなに乗ったんだか、あたしゃさっぱり記憶がないよ。

つことで、点検のためバイク屋にバイクをお持ち込み。

そういえば、あたくしはローラを買ったディラーではなく、現在は、それはもうこきたないドカのショップで世話になっている。

しばらく前のことだが、この店に出入りするお客さんに尋ねられた。

「このショップに女性客ってめずらしいよね。なんでここなの。もっときれいなところあるじゃない」

ディラーさんはおハイソなうえ、お客さんもおしゃれさんばっかりで、わたし、落ち着かないんです。やっぱ、バイク屋は汚くてダサくないと(^^)

なんて話をしていたら、「おまえら!汚ねぇ汚ねぇってうるせぇよ!」と、迂闊にも店のオーナーに会話を聞かれたのは、若干誤算ではあった。

とにかく、なんといっても23区屈指の高級住宅街に位置しておきながら、営業などまったくやる気のない無愛想なメカニックと、客をおまえよばわりなオーナー、新車など1台もなく、カスタムしすぎてもはやシロウトには車種を判別できないドカが並ぶオイル臭い店構え・・・。

件のディラーは当然のこと、あのアオヤマさんちでさえ女将がコーヒーいれてくれるのに、このバイク屋ででてくるものはただの水だ。

先日など、テーブルの上においてあったジュースを「お?なんだこれ?もらったのか?まぁいいや、ほら、みそぎも飲んでいいぞ」。
出所のわからないジュースを客に渡すこのオーナーの、バイク以外のことはどうでもいいという姿勢は、実に尊敬に値する。

そんなショップに居心地のよさを感じるのはいかがなものかと小一時間なわけだが、そんなことより、3万キロ点検っていったいいくらかかるんだかねぇ〜・・・

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

『安全戦士コンドム』


いたいけな乙女の携帯に、今日も容赦ないエロメールを送りつけるあの男・・・レッドブル・赤べこ氏

「おもしろいもの見つけました〜『安全戦士コンドム』。たまえさん、ごぞんじかもしれませんが・・・」

, , ,



しらねぇよ!

どうやら、この男も、くさや汁に漬け込まれたいらしい・・・(--;サシテヤル

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月17日(木) No.138 (未分類)

ナイト・ホーク


いま読んでいる本『Q&A』(邦訳『ぼくと1ルピーの神様』)

この本の中で、主人公の少年が、日本人の観光客にタージマハールのことを詳しく教えてくれと声をかけられ、聞きかじった別のガイドの説明をそのまま・・・というよりかなり適当に説明するというシーンがある。日本人は「おおっ!ガイドブックにも書いてないおもしろい話をありがとう!」としてチップを主人公に渡すのだ。

この主人公は特に悪気があって適当なことを言ったわけではない。しかしあたくしは、悪気があって、外国人におおうそをつくのがだいすきだ。

「私のひぃじーさんは、ハラキリした」「父はサムライだ」。職業を聞かれると「ニンジャ」とか「ゲイシャ」とか答えるのはあたりまえ。イミグレーションカードの職業欄に堂々と「カラテ ティーチャー」と書いたこともある。

こと、日本の文化については特にいい加減なことを教えるのが愉快だ。

たとえばつい先日のこと。

ボスが、おまけに「てぬぐい」がついたお茶のペットボトルを買ってきた。そのおまけの「てぬぐい」を見てボスが言う

「タマエ、これはいったい何なのだ?」

ああ、それは日本のマスクです。たとえば、娼婦が道に立って客をとるとき、顔を隠すのに活用されます。また、泥棒などもよくこのマスクをつかいますね。

「・・・いい加減にしなさい(-"-)」

ほんとですってばよ。ほら、これが娼婦が客引きをしている場面(左上写真参照)で、手にもっているのは、ポータブル・タタミマット。どこでもお仕事ができたわけです。こんな彼女たちは当時『ナイト・ホーク(夜鷹)』とよばれておりましたが、世が世なら『F117 ステルス』とでもいいましょうか。

「うーむ・・・なるほど。しかし、そんなものをお茶のおまけにつけるというのはどういうことなのだろう」

おっと、○○さんに電話しなきゃ。ということで仕事にもどらせていただきます。

「・・・(--;コラ」

まぁ、こんな具合だな。

しかし、こういういことばっかりしていて、ほんとに後で自分のクビをしめることになるので注意が必要だ。その顕著な失敗例を報告したいが、それはまた今度。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月16日(水) No.137 (未分類)

鶯谷のアツい夜


それにしても、なぜにラブホテルとソープしかない(とおもわれる)鶯谷で飲み会なぞをやったのかということだが、これはすべて男と男の約束のためにほかならない・・・。

「アグスタF4タンブリーニ買ったら、霜降り牛を死ぬほどおごってやるぞ!ふははは!」・・・と豪語した男、みそぎたまえ。

そして、そのアグスタF4タンブリーニをホントに買っちゃった、世にもありえない男、ミッキーいとう。

あれからなんと1年・・・みそぎたまえ、あたくしも男だ!いい加減決着をつけようぜ!

ということで、焼き肉と鮨にはウルサイ、弊社のヤヨイさん情報により鶯谷の某焼き肉屋へ予約を入れ、この1年越しの戦い(なのか?)の決戦の証人となるべく仲間たちに招集をかけたのであった。

当日、仲間が集まったはいいんだが、しかし肝心のミッキー

「もうすぐ到着でーす」

と連絡が入ったものの、一向に登場しやしねぇ・・・

やっと店にやってきた彼は、なぜか石けんの香りがし、妙にこざっぱりしていたのは気のせいだろうか?そう・・・ここは鶯谷・・・まぁ我々はオトナであるから、あまり詳しくつっこまなかったがな・・・。

つことで、ミッキーには高級霜降り牛をたらふく堪能していただき、1年越しの戦いにようやく決着がついた次第だ。

ちなみに、本件以来「アグスタタンブリーニを買うと、みそぎたまえが霜降り牛ディナーにご招待」などとまことしやかにささやかれているようだが、あたくしのまったくあずかり知らぬ都市伝説にほかならない。

これにだまされて、600万もするバイク、あっさり買わないようにっ!

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月15日(火) No.136 (未分類)

ひっこし


近々、引っ越し予定

そんなわけで珍しく私事に忙しい。

更新遅れがちだが、ご了承いただきたく。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月13日(日) No.135 (未分類)

くさや


先日、鶯谷の居酒屋でのこと。motoさんが「くさや」を注文した。

motoさんといえば、バイク仲間のひとりで、我々が飲みに集まるときは、間違いなく顔を出すのだが、ツーリングにはまず99%参加しないという、ライダーの風上にもおけないヤツだ。

最近では本当にバイクをもっているのかも怪しいとされるこの男が、あろうことかこの日、「くさや」を注文したとあって、ヤツは一気につるし上げである。

「ていうか、ふつう、くさや頼むかよ!」

「くせぇっ!くせぇよ!」

「ったく、最低だな!」

彼は袋だたきだ

すると大騒ぎする我々のテーブルの隣の人が

「すっ・・・すみません、俺たちもくさや頼んだんです・・・」

げっ!

せいぜい10坪の居酒屋で、たった数組の客のうち2組もくさやを頼むとはこれいかに!もう店内大騒ぎである。

そういえば、くさやを焼いていたら「死体を焼いているにおいがする」と警察に通報があったという逸話もあるらしいが(By Wikipedia)、死体のにおいをしってるあんたもどうかとおもわないか?

ということで、その騒動をよそに、motoさんは涼しい顔で「うまいよ〜」などと言って全部たいらげたが、人の迷惑を顧みないこの男は、いずれ、くさや汁につけ込んでやろう。

どうでもいいからバイク乗れよ!

※写真は「くさや」。こすっても「くさや」のにおいはたのしめません。


おしらせ携帯メールアドレスがかわりました。これまでのアドレスの@docomo.ne.jpを@ezweb.ne.jpに変更ください

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月05日(土) No.134 (未分類)

携帯メアド変更のお知らせ


このたび携帯キャリアを乗り換えた。

世界最小Preminiちゃんは愛してやまない携帯だが、これを超える携帯を探しつづけて三千里。FOMAのあの(操作の)重さはどうにもこうにも耐え難く、そもそもFOMAで、ほしいと思うものもない。

しかし、とうとう食指が動いた!この春発売になったauのMEDIA SKIN!

あたくしは、ヨドバシカメラのおねぃちゃんに「ねぇねぇ、Docomoから乗り換えるからさぁ〜、安くしてよ〜」と、(かなり)しつこくおねがいしたが、結局袖にされたのが3週間前。

ほすぃ〜なぁ〜と悩んでいたところ、なんと奥様!このゴールデンウィーク、ビッグカメラがMEDIA SKINを1円で放出したんでございますのよ!!


つことで、すでに一部の方々にご案内は届いていると思いますが、Docomoからauに乗り換えたことにともない、メールアドレスが変更になりました。@以下がezweb.ne.jpになりましたので、お手元のアドレス帳を変更くださいま
すよう、よろしくおねがいいたします。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月04日(金) No.133 (未分類)

Japan Open〜スケート観戦記〜


インターネットというリーサルウェポンを手に入れて以来、ウチのおかーちゃんはネットでほいほいチケットを購入しては、密かにコンサートなどに行っているらしい。

そんなおかーちゃんが今回入手したのは、JapanOpenなるフィギュアスケートの観戦チケット。
つことで、さいたまスーパーアリーナなるところへ行って参った。

ふぐすまからばびゅーんと車をとばしてやってくるおかーちゃんと、さいたま近辺で待ち合わせすることになったのだが、ん〜、どこでおちあおうか?

「東川口ならわかるから、アオヤマ・バイクショップで待ち合わせない?」

と、おかーちゃん。

母子のまちあわせの場所になぜバイク屋を選ぶのか、あたくしにはその心がさっぱりわからない。だいたいアオヤマ・バイクショップとはなんぞや?オートショップアオヤマだろう。そもそもバイク屋を社交の場だと勘違いしていないか?(←おまえがいうな)。あたくしは断固反対し、おとなしく駅でまちあわせしてもらうことにした。

まったく、勢いだけで生きている人間というのは実に世話がやける。

「あんたにいわれたくないわよ。だいたい、なんでわたしがいつまでも運転してるのよ。福島くんだりからずっと運転しっぱなしなんだから、早く運転かわってよ、もー」

どっちが子供なんだかわかりません・・・(-"-)

ああ、スケートの話だったな。

お祭りとはいえ一応競技会だったんだが、シーズンオフのせいか、いずれの選手も精彩に欠けたような・・・?なんて、ジャンプの区別もつかないあたくしに言われたくないよな。まぁ、楽しかったからよしとしよう。

※写真はJapan Open冠スポンサー「キノシタグループ」のCMにでているくりはらはるみ・・・ってなんだかなぁ〜

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年05月01日(火) No.132 (未分類)