A-CUP CLUB DIARY -SEASON THREE-



8月


お盆があるため、あたくしのイナカでは8月の神事を嫌う風習がある。この時期の祝い事は御法度。まぁ、若い世代は全然気にしないけどね。

それを差し引いても、原爆記念日と終戦記念日があるせいか、8月は日本人たるもの、なんとなく喪に服さないといけない時期のような気がしている。

こんな夏に読んだ本 「テロル」「カブールの燕たち」「運命ではなく

こんな夏にいった町 「知覧」

こんな夏にみたDVD「カラーで見る第2次世界大戦

我々が背負うもののなんと重いこと

平和を祈って8月を終える

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月30日(木) No.176 (未分類)

貧乳マウンテン


あたくしの友人であるところのスーパー岩手県公務員は、公務員の典型のような男で、いや、それはひととなりが公務員っぽいのではなく、その休みの多さっぷりがみごとに公務員っぽいのだが、たまにメールが来ると思うと、どこか旅先の写真がくっついてたりして、あたくしはそのたびに

「おまへはまた休みをとって旅行してたのか!」と、絶叫している。

あたくしが岩手県民だったら、絶対納税を拒否してやるところだ。

で、ヤツはまたしても旅にでたらしく、届いたメールに写真が1枚。行き先は北海道。



西クマネシリ岳とピリベツ岳

スーパー公務員「御利益がありますように」



う〜む・・・みごとな貧乳っぷりだな。って、おいコラっ!仕事しろっ!

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

ロードスター銀ちゃん号


ところで、あたくしが日々の足としているおに〜ちゃんの車、通称「ロードスター銀ちゃん号」だが、いよいよ25万キロを迎えることとなった。

すでに地球を6周を超えたわけだが、ていうか、おまへは人工衛星か?

さて、25万キロの瞬間を、おに〜ちゃんは友人たちと迎えるべくその時を心待ちにしている。249000kmになったら連絡しろよ、と言われていたのだが、つい放っておいて、気がついたら249780kmになっても〜たがな。

今週末、ふぐすままで持って行くよ

といったら、

「なんだよ!あと220kmって、東京からふぐすまにきたらおわりだっぺよ!」

ちょうどいいかな〜と思ってさ(^^;ははは

「ばかやろう〜、オレは仲間と磐梯スカイラインへ行って、そこで25万キロを迎えようかと・・・」

あら・・・(^^;

「も〜いいよ・・・もうもってこなくていいから、そのかわりオイル交換やっといてくんちぇ」

オイル交換・・・?

あたくしは、ここにきて、おに〜ちゃんにはめられつつあることに気づいた

賭けてもいい・・・おに〜ちゃん、あんた次は車検をとれっていうつもりだね・・・?


※写真は最新のロードスター。銀ちゃん号は平成2年の初期型なのでこれとは似ても似つかない。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月22日(水) No.174 (未分類)

脳内メーカーふたたび


そういえば、SEブチョーとケッコンするあたくしって、姓がかわってSEたまえになるんじゃなかったかしら?

ということで、再度、新しい姓でやってみたところ・・・

ぜんぶ「H」ォィ

まるっきり変態じゃないか・・・il||li _| ̄|○ il||li


しかし、あたくしは、腹黒ブラミ様ことブラックミッキーの脳内が、全部「嘘」であることを知っている。

ちなみに、アオヤマさんちのてんちょ〜の脳内が全部「食」であることも知っているぞ!

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月20日(月) No.173 (未分類)

脳内メーカー


誰がはじめたのか「脳内メーカー」

流行っているようなのでやってみた。

結果、全部「遊」ォィ

で、「悪」「金」「秘」「劣」が1文字づつil||li _| ̄|○ il||li

家族全員でためしてみたけど、けっこう、当たってね?


ま、ひまつぶしにあなたもどうぞ^^



TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月19日(日) No.172 (未分類)

もて耐【3】


そういえば、そのもて耐。

アオヤマさんちのてんちょ〜が、この耐久に際し命をかけたもの、それはタイヤ交換であった。

「今回のレースの勝敗を決めるのは、ケヒでもブンゲンでもない!タイヤ交換だ!」

てんちょ〜は、HRCワークス使用のタイヤ交換キットを極秘に入手し、そしてアオヤマさんちの仲間の中でも精鋭中の精鋭6人を、タイヤ交換チームとして選抜した。

そのひとりにえらばれたのが鈴鹿のうえじぃだが、タイヤ交換のためだけに、わざわざ鈴鹿から呼ぶほうも呼ぶほうだが、来るほうも来るほうだとおもう。

して、このうえじぃ。会うのは昨年秋の耐久以来の久しぶりだ。結婚したあたくしに、当然お祝いの品として松阪牛一頭ぐらいひっぱってくるのかとおもったら開口一番、こう言った。

「なんだなんだ、おまえの胸は!オレの娘(←12歳)の胸よりちいせぇなぁ!」


この男は、あたくしが作成する、廃油缶に沈んでもらいたい人間リストの、常にベスト10に入っていたが、この度ベスト3に昇格させることにした。

うむっ

タイヤ交換の話はまた明日。

※写真はうえじぃがもってくるはずだった(とおもう)松阪牛。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月17日(金) No.171 (レース::耐久)

もて耐【2】


つことで、「もて耐」決勝は8月19日バイクの日に行われたわけだが、もてぎは筑波とちがってリザルトがあっという間にHPにアップされるので、もったいぶる必要もないであろう。

梨本塾レーシング&ASアオヤマ 祝!もて耐 3位入賞!

ブンゲンさんとケヒさん、それとケヒさんのお弟子さん2人の合計4人で走った初のもて耐。予選を含めると100チームの中の3位だから、そらも〜、ものすごい快挙なんだけど、優勝ねらってただけにちょっと悔しかったかな〜

ところで今回、あたくしはピットのお手伝いをせず観戦に徹し、日がな一日レースをみていたわけだけど、やっぱりピットにいるほうが楽しいなぁ。

つことで、結論。

レースは観るより、やりましょうヽ(^^)丿

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月15日(水) No.170 (レース::耐久)

もて耐【1】


ひさびさにオートショップ・アオヤマさんちネタ。

実はこの夏、アオヤマさんちははじめて「もて耐」に参戦した。

アオヤマさんちは昨年より、てんちょ〜若かりし頃のレース仲間であるケヒさんと、もてローに参戦しており、そのマシンの面倒を一切請け負っている。

その流れで、今年はいよいよもて耐へ参戦とあいなった。

アオヤマさんちケヒさんちとのコラボレーションチーム、名付けて!

「梨本塾レーシング&ASアオヤマ☆」

いや、べつにそのままですけどね・・・

予選は本戦のひとつきまえ、7月半ばにおこなわれ、ええ、そういえば、あたくしも泊まりがけで手伝いにいってきましたよ

宿泊手配担当はブンゲンさんだった。ねーねー、宿泊先は当然ツインリングもてぎホテルでしょ?夜はバーベキューよね。るるるるん♪

「いや、ケヒさんお気に入りの宿。夕食は、すき焼きと赤飯だ」

へっ?すき焼きと赤飯って・・・(--;?

「すげー宿だよ。こーんなでかい蚊がいる」

と、ブンゲンさんは両手を広げた。鳥ぐらいでかい蚊っていったい・・・(--;?

とにかく、この宿こそ、ケヒさんが愛してやまない、もてぎでの定宿であるところの某民宿である。いったいその宿のなにが、ケヒさんの琴線に触れたのか、当初あたくしはさっぱりわからなかったが、料理はたしかにおいしかったし、宿のおやじはそらもーナイスなおひとがらだったので、よしとする。

なお、鳥ぐらいでかい蚊も探したが、とうとう見つけることはできなかったのが残念でならない。

※写真はごく一般的な蚊

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月14日(火) No.169 (レース::耐久)

ブラミ様の夏


バイク乗りのお友達のミッキーいとうは、見かけとは裏腹のその腹黒さから「ブラック・ミッキー」通称「ブラミ」様と呼ばれているが、「ブラピ」ことブラッドピットとは何の関係もない。さてそのブラッド・ピットの最新作「オーシャンズ13」が封切りになったな。
オーシャンズ11・12フリークのあたくしは、当然封切り初日に見て参った。

オヤジにはめっぽう弱いあたくしとしては、ブラピ様よりジョージ・クルーニーに失神してしまいそうになるのだが、ジョージ・クルーニーもさることながら、久しぶりに見るアル・パチーノ〜っ!もー、あたくし、失神どころか鼻血もよだれもとまりませんがな。

そういえばジョージ・クルーニーそしてアル・パチーノ、ともに独身というのは有名な話。ああ、でもこの男たちに「嫁もらえ!」などと、誰が言えよう?

ちなみに先の「ブラミ」様も独身である。彼の暑い夏は、ビキニな彼女とビーチでもなければ、浴衣姿のギャルと花火を愛でるわけでもなく、何が悲しくて、気温40度超えのもてぎサーキットで耐久レースのお手伝い。貴方ははやく、嫁もらってください。


ていうか、今日は嫁もらえの話じゃなくて、オーシャンズ13な話のはずだったのに・・・

※写真はジョージ・クルーニー(独身)

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

ボスの粗相


あたくしの大事なB787ダイキャスト

あろうことか、ボスがフロアにおっことし、破壊してしまった。ノーズギアと垂直尾翼ががふっとんで、みるも無惨な姿である。

うわぁぁぁん!(T_T)

オフィスで泣き叫ぶあたくしに

「すっ・・・すまんっ!ちゃんと治すからっ!」

と言うのであたくしは賭けにでてみた。

治す?なんなら、ひとまわり大きくしてくれてもいいですよ?

「・・・(--;これはどこで買ったのだ?」

羽田のターミナルです♪

そして翌日

「昨日、早速ターミナルへ行ったところ、エチオピア航空とエアインディアのB787ダイキャストを見つけたのだが・・・」

それは受け付けられませんね(-_-)

「(--;・・・そういうと思ってだな、この、プラスチックではあるが、大きいのにしてみた」

200/1 B787 Dream Liner!

うわぁいヽ(^o^)丿

やはり大きいのはよいな〜

次にボスが壊したら、今度は100/1を買ってきてくれるかもしれん。期待しよう。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月11日(土) No.167 (未分類)

カゴシマへの旅【3】




指宿スカイライン、通称「いぶスカ」、とよばれているかどうかは定かではないが、「伊豆スカ」に勝るとも劣らないワインディングロードだ。


カツオ節で有名な枕崎。カゴシマの民はカツオを生で食べる習慣がなかったらしいが、最近、生を出すところが出てきたそうで話題になっている。写真はカツオ丼。ちなみに、あたくしの地元、ふぐすまの民は、カツオはふつーに刺身で食べる。

あ、そうそう。カゴシマの刺身醤油は甘いってしってた?


桜島が陸続きになった大正の大噴火のとき、つい埋まってしまった鳥居。


本土最南端の駅『西大山駅』。バックの山は「さつま富士」こと開聞岳(かいもんだけ)。宇宙人がすんでいるらしい。



今回は名所巡りに終始したが、次回はぜひ池田湖のイッシーや、巨大うなぎ、開聞岳の宇宙人などをみにいこうとおもう。うむっ

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月10日(金) No.166 (未分類)

カゴシマへの旅【2】


カゴシマの旅は続く・・・それにしても、あぢぃよil||li _| ̄|○ il||li


カゴシマといえば指宿砂蒸し温泉。こういうことは絶対にやらないと気が済まないので、やってみた

 
カゴシマといえば桜島。変な色の車ごとフェリーに乗船。島に渡る。


カゴシマといえば神風特攻隊。知覧の「特攻隊平和記念館」にいく。


つづく

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月09日(木) No.165 (未分類)

カゴシマへの旅【1】


南国カゴシマにいって参った。

しかもよりによって日本各地が観測史上最高気温を記録した日に・・・
il||li _| ̄|○ il||li あぢぃよ・・・カゴシマ・・・

つことで、その壮絶な旅について大いに語ろうとおもう。

朝8時の飛行機に搭乗。まずは空弁。あさっぱらからガッツに「牛ステーキ弁当」だ。


カゴシマ空港でレンタカーをピックアップ・・・って、なんだよ!この色わぁぁぁぁil||li _| ̄|○ il||li こんな色の車をレンタカーとして貸し出すオ○ックスレンタカーさんのきもちがさっぱり理解できません・・・



カゴシマ港にて。ホントはお盆休みで漁にでていないんだとおもう


カゴシマといえば黒豚。地元の人たちもここ数年話題になるまで、実はその存在を知らなかったらしい。こちら、カゴシマ天文館にある「あぢもり」の黒豚しゃぶしゃぶ。


(づづく)

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月08日(水) No.164 (未分類)

マグネシウムミラーブラケット


999乗りの雅世(♂)にパーツを横流ししてもらったので、久々にローラ号をカスタムした。

雅世(♂)にパーツをゆずってもらうのはこれが2度目だ。最初はカーボンのヒートガードだった。しかし、形があわなくて結局つけることができず、いまはmotoさんの999に装着されている。

で、今回は何かというと、マグネシウムのミラーブラケット。

「それって、おいしいの?」と思わず聞きたくなるような、マイナーパーツだ。だいたい雅世から流れてくるパーツは、実にうさんくさい。「ほんとに合うの?」あくまで疑うことを忘れないあたくしだが、ほんとに合うらしいのでとりあえずおとなしく譲り受けることにした。


両方もつと、そりゃ明らかにマグネシウムのほうが軽いんだが、走ってどれぐらい差がでるかなんて、あたまにザがつくシロウトなあたくし、さっぱりわかりませんがな。またしても、猫に小判なカスタムであるが、しかしだ。一見なんだかわからないカスタムっていうのは、実にあたくしの虚栄心をくすぐるな。

全部ビスをポリポジーニに変えるとか、ぱっと見ただけではわからないような、ちょっとオトナのカスタム(どこが?)にちょっと憧れる今日この頃。

ま、とにかく、サイズがあってよかったよ。雅世〜疑ってわるかったね^^

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

ETC装着


バイク乗りのおともだちのモモちゃんは、実は四輪のメカニックで、「モモちゃん自動車」という実に立派な工場ををおもちである。その「モモちゃん自動車」が二輪・四輪のETCの取り付け可能な工場になったというので、Ducati749sローラ号にETCを取り付けに行って参った。

それにしてもバイクはただでさえ熱いのに、まして夏のローラは股火鉢。あろうことか日中でもっとも暑い午後2時、夏休みで混みまくる首都高を延々すり抜けしてモモちゃん自動車へ向かっているあたくしは、もはやバカかアホとしか言いようがなかった。

しかし、これからは料金所で延々と待つことも、お財布をだしてもぞもぞすることも、そして高速のチケットを飛ばして泡食っちゃうなんてこともなくなるとおもうと、こんな暑さもへのかっぱだ。

途中、首都高の汐留乗り継ぎ所は、2度も料金所を通るので普段ならめんどくさいとおもうところだけど、これが最後の料金所だとおもうと、ちょっと名残惜しくて「これからETCつけてくるんですよ〜♪」なんて料金所のおじさんとほがらかに会話なぞしてしまう余裕さえ、あたくしにはあった。

そういえば料金所のおじさんって、バイク乗りには話しかけてくることがおおいよな。

「早起きだねぇ」とか「バイクは暑そうだねぇ」とか「いってらっしゃい」「おつかれさま」「きをつけてね」最近では「バイクもETCできたよ。安くなるからつけるといいね」なんてことをよく言われた。

ささいな一言が疲れを癒すこともあるし、気持ちよく走るきっかけにもなる。だから、もうこういう会話がなくなるんだとおもうと、ちょっと寂しい気がするね。

ま、そんなわけで、ローラ号、ETC装着完了!記念すべき初ETCは首都高5号線新井宿料金所上り入り口。無事開門〜♪ィェィ♪

モモちゃん、暑い中作業ありがとうございました。

ETCつけていない方、モモちゃん自動車紹介しますので、よろしければおといあわせください。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

腰と農家と仕事とバイク


あたくしのふぐすまの実家のおとなりさんちは、大きい専業農家である。
こどものころから、家族同様につきあいのあるおとなりのおじいちゃんとおばあちゃんは、齢70をすぎた今も、元気に農業に精を出している。

ただ、腰をまげる作業が多いため、農家の人たち特有の、腰の曲がりはちょっと痛々しい。

いや、なんでそんなこと思い出したかというと、最近、仕事でお客さんに迷惑をかけることが多々発生して、(今始まった話ではないんだが)、毎日、頭をさげっぱなし。
腰の曲げすぎで、あたくしもとなりのおじーちゃんみたいになっちゃうんじゃないだろうか・・・と思って、ブルーになってしまった次第だ。

ひとりぼっちの職場で孤立奮闘するかわいそうなあたくし・・・・。こんなときはツーリングに限るな。そしてすべてを峠に捨ててくるのだ!

つか、腰がまがるのは、あんなバイクに乗ってるからって噂もあるな。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月02日(木) No.161 (未分類)

東京湾景


あたくしはこの6月、運河に面したところに引っ越しをした。

東京湾は実はとってもきれいで、水はとっても澄んでいる。底質汚染もあるというが、すくなくとも水質はかなり改善されたのだろう。ゴミを見かけることや、悪臭を感じることはまず、なくて、たまにスーパーのゴミ袋が浮いてるとおもったら、ほとんどそれはおっきなクラゲだったりね。

さて、早朝、あたくしはこの運河沿いをてれてれジョギングしてるのだが、走る脇では、もーたくさんのオヤジが釣り糸をたれている。

オヤジとみるとついナンパしたくなってしまうあたくしは、足をとめて声をかけてみた。

このあたり、何が釣れるんですか?

「あんたみたいな、若くてきれいな女性」

などと、気の利いた答えが返ってくるわけはなく、「ハゼだよ、ハゼ」とまっとうに答えられて「ちっ、つまんねぇ」と舌打ちするのだが、ま、そういうわけでハゼがたくさん捕れるらしい。

ハゼなんておいしいんですかい?

「あんたみたいに、ぴちぴちしておいしいよ」

などという回答は当然期待できず、「天ぷらにするんだけど、水がきれいだからさ、けっこ〜うまいよ」と、あいかわらずつまらない答えが帰ってくる。

いったいあたしゃオヤジ相手に何を期待してるんだって話はさておき、東京湾もすてたもんじゃないよな〜なんて、毎日運河を眺めてる今日この頃ってことで・・・。

※写真は天王洲のTYハーバー。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年08月01日(水) No.160 (未分類)