A-CUP CLUB DIARY -SEASON THREE-



筑波ロードレース選手権第5戦【その2】


筑波選手権第5戦は、シリーズチャンピオンをねらうヤングなライダー、シンジョーくんとブンゲンさんの一騎打ちが予想された。

なんつったってこのシンジョーくん、今年はとにかく絶好調。筑波全5戦のうち、すでに2戦で優勝しており、先日のもてぎではコースレコードをだしたとか?筑波ではすでにシリーズチャンピオンはほぼ確定。となればやっぱり最後は優勝で飾りたいところだろう。

しかし!その行く手を阻むのが、我らがチョー悪オヤジチーム・オートショップアオヤマ、エースライダー・ブンゲン選手だ!

なにが気に障るって、シンジョーくん若干23歳。若いときいただけでオヤジたちの闘争心はめらめらと燃え上がっちゃうんだよな。まぁあたりまえといえばあたりまえ。ライダーたるもの、常にオレ様がナンバーワン。若い芽は徹底的にたたきつぶすことに躊躇はないのだ。

若者は耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、このオヤジたちをたたき台にしてそして世界に旅立つのだ!そう、これは我々が世界へ旅立つ若者へ与える、最初の試練なのである!

つことで、そのシンジョーくんの、まさに伸びんとする若き芽をガッツリ刈るべく、ブンゲン選手コースイン!そんでもって、いきなり痛恨の予選5位・・・・(-"-)ハァ?

若い芽をつみ取るどころか、もはや枯れ葉となって駆逐されそうな勢い・・・。嗚呼、やはり老兵は去るのみなのか?

フロントローを逃すというありえない失態に、クルーたちは激しくブルーであった。

さらに、そのブルーなそれに追い打ちをかけるように、隣のガレージでは夫婦げんかの大バトル。

「コノ、ウワキモノ!」
「ヨバイオトコ!」
「アノ オンナ ト セックス シタ デショ!」

・・・などと、それはそれはプリティな金髪のおねいさんが、いったいどこで覚えたんだ?という日本語を並べたて、髪の毛つかんで引きずり回すわ、物は投げるわの大バトル。つか、あたくしはがーがー寝ていたのでライブで聞けなかったけど、聞いてたみんなは、今日一番の熱いバトルだったって言ってたけどね・・・。

ちなみにその浮気をしたナニガシという選手のこの日の結果は、当然語るまでも、ないわなぁ〜(合掌)

そんなこんなで、ブンゲンさんの決勝は、5番グリッドから出走とあいなった。

(つづく)

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年10月21日(日) No.194 (レース::筑波ロードレース選手権)

筑波ロードレース選手権第5戦【その1】


日本全国 貧乳ファンのみなさん ご無沙汰しております みそぎたまえです

ネタがどんぶり飯3杯分ぐらいたまっているのだが、ちょいと忙しくて、なかなか日記に手がまわらなんだ。

とりあえず、ご報告は10月20日開催された筑波ロードレース選手権 第五戦(最終戦) そして同じく21日開催されたテイスト・オブ・フリーランスあらためテイスト・オブ・ツクバ


筑波ロードレース選手権第五戦 ST600クラス
祝!ブンゲン選手 2位 & Fastest Rap (1分0秒6)


テイスト・オブ・ツクバ モンスタークラス
祝!プリンアラモード選手 2位 & Fastest Rap (1分4秒4)


選手権ST600は、最終戦を飾るにふさわしい、感動のバトル!あのレースを見られた人はラッキーだとおもうぞ!
そしてテイスト・オブ・ツクバ モンスタークラスは、久々に登場のプリンさんが大活躍!

ふたりとも2位だったけど、でもレースで一番早いラップタイムを出し、クラス最速男の称号を得た。


オートショップ・アオヤマさんちは、今年は筑波の耐久レースには参戦しないので、今年のレース活動はこれで終了。しかしま〜、最後は本当にいいレースで終えられて、怪我もなく、今年も一年楽しかったな〜。

毎度ながら、こんな貴重な機会を与えてくれたアオヤマさんのてんちょ〜と女将には本当に感謝!来年はアオヤマさんちがどういう体制でレースに参戦するのか、まだもちろん未定だけど、来年もまたレースをやるときには仲間に入れてくれたらうれしいな〜・・・とおもう。

つことで、みなさん、お疲れ様でした!

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

取材


筑波選手権のときのこと。
ブンゲンさんがポールポジションを取って、ほっと一息していた我々のガレージへ、PRESSと書かれた腕章をつけた2人組がやってきた。

「すみませーん。○○出版なんですが〜」

おおっ!ブンゲンさん、ブンゲンさん!取材っ!取材だよっ!さすがポールシッター!ィェィ!

「あっ・・・いや、実は女性のライダーの特集を組むことになってて、女性のライダーの方にお話を聞きたいのですがぁ」

ええっ?あたくしっ?んも〜、そんなことよりウチのポールシッターの取材してくださいよぅ〜。まぁビジュアル的にはあたくしのほうがふさわしいのはよくわかりますけど〜(^^)お〜っほっほっほっ

・・・つことで、この取材の模様をミツイさんがビデオに納めてくださっていた。
このビデオ、何が印象的ってあなた、プレスの人と話をしているあたくしのそのそばで、すんげ〜つまんなそ〜にたばこふかしてるブンゲンさんの姿・・・

「わかったよわかったよ!ヒーローはブンゲンさんだよっ!わたしが悪かったよっ!」

あたくしはビデオに向かって絶叫し、土下座した。

まったく、ライダーっつーのはほんとにガキだぜ・・・(--;


※写真は表彰式の、我らがヒーロー様ブンゲンさん。提供:サーキットの食卓

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

筑波選手権第1戦【1】


本日は、筑波ロードレース選手権第1戦ST600決勝の実況録音をお楽しみください

『2007年筑波ロードレース選手権第一戦ST600いよいよスタートです。ポールポジションを取ったのは0秒4台のアオヤマさんちのブンゲン選手。昨年はこの選手権で2戦2勝のなんと負けなし。
今年第一戦はどうなるか。さぁシグナルブルー、36台が一斉にいまスタート!
おおっとぉぉぉ!フロントロートップ3台がなんとなんと

一斉にウィリー!

選手権史上、こんなかっこわるいスタートがいまだかつてあったでしょうかっ!?

これはとなりのライダーがウイリーすると「やたっ!隣がミスったぞ!」と思わず喜んでアクセルあけてしまい、自分もウィリーして自滅するというパターンでしょう

さてまず飛び出したのは22歳と16歳の超ヤングライダー!3番手につけたブンゲン選手は、この若い二人のほとばしる情熱、そして若さというまぶしさに思わずあとずさりか?

先頭2台、ヤングな2台くんずほぐれつ激しいバトルです。サイドバイサイド、テールトゥーノーズ、接触ぎりぎりだぁ!
おおっと!接触!先頭2台が接触し、1台がはじきとばされた!そしてそのスキにブンゲン選手2番手に浮上!

さらに1台抜いてトップがいれかわった。アオヤマさんちのブンゲン選手先頭になって最終コーナーを入ってくる!

後ろ2台は2位争いでバトルを続行しているが、先頭を走るブンゲン選手、引き離しにかかったか?2位との差が広がってきた!
若さではたちうちできない、いぶし銀の走りだぁ!すでにかなりのアドバンテージ!

あああっ!ここで赤旗!赤旗がでました。赤旗中断です

どうやら転倒車両が出た模様。レースは現在18LAP中15LAPが終了。再スタートとなると、せっかく差をつけたブンゲン選手にはちょっと残念な展開だが・・・。いや、表彰台が出されていますね・・・。あ、ただいま入りました情報によりますと、
規定周回数の3分の2が終了しているため、この時点でレース終了!

アオヤマさんちのブンゲン選手、優勝です!』


ということで、簡単にレースを説明するとこんな感じ。15行で終わっちゃうのな・・・結構ドラマだったんだけど。

※写真は東日本チャレンジカップST600予選前。写真提供:爆音娘

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

筑波ロードレース選手権第一戦


筑波ロードレース選手権速報

オートショップアオヤマ with Fujikura Express
ST600
ブンゲン選手 ポールtoウィン!!


昨年に続き第一戦を完全制覇(^0^)v


通常ならチェッカーうけたらすぐみんなに携帯で速報出すんだけど、携帯わすれちゃったのでこちらで速報(^^;ただいま、ホテルのPCから・・・

8日は東日本チャレンジカップ(エリア戦)、いってきま!


TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください

レースシーズン開幕


いよいよ筑波ロードレース選手権である。

それにしても、筑波で名を馳せているオートショップアオヤマさんち。そのてんちょ〜には、人知れぬ悩みがあった・・・

「だれ一人として、"チームにいれてください!"と、ウチのチームの門をたたく者がいないのは、なぜなのだ?」

そういえばそうですね・・・

・・・いわゆる名門チームは・・・毎年新しい名前がエントリーリストにあがる。若いライダーの発掘にも余念がなく、10代のライダーの名もちらほら。

一方、アオヤマさんちはあいもかわらずブンゲンさん。チームワークは筑波ノービス最強だが、チームの平均年齢の高さも、ぶっちぎりで筑波ノービスナンバーワンだ。

てんちょ〜はたばこの煙をぷぅ〜と吐き、遠い目をした。

我がチームはライダーを引きつける魅力のようなものがないのか?・・・いや・・・ちがう・・・

「我がチームは、どこかに、ヌルさが漂っているのではないだろうか・・・?」

ぎくっ!やだなぁ、てんちょ〜。私たちはいつも真剣だし、遊びでなんかやってませんよ?ではどうです?今年はピットに入ったら全員笑わない。全身からやる気オーラをだしまくる・・・みたいな?

これでライダーのハートをがっちりキャッチし、シーズンが終わる頃には「チームに入りたい」という人に整理券を配るような事態ですよ。

「うむ・・・そのぐらいの気持ちで取り組んでほしいものだ」

了解!ところでてんちょ〜、レースの日、バーベキューやるんですよね?

「だからっ!バーベキューだの豚汁だの、そういうヌルさがだめなんだってのっ!」

・・・にゃ〜・・・

今年もオートショップアオヤマさんち、真剣勝負でがんばります。筑波に応援きてください(^0^)v

※写真はバーベキュー。レースとは全く関係ありません。ええ、ありませんとも。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください