019369
Aかっぱー日記


2005年6月30日より新しい日記に移行しました

2005年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
筑波ロードレース選手権第二戦(最終回)
ST600 の予選を、プリンアラモードさんの指示で急遽ドライに変えたのはみごとな英断であった。

予選開始後数分で、レインで出たライダーたちが続々とピットイン。ドライタイヤに変えて再スタートを切ったときにはすでに予選残り時間も半分。

その点ブンゲンさんは、スタートこそ出遅れたが、まわりがタイヤを交換している間にウォームアップはすんでおり、すでにタイムアタックができる状態。いい調子でタイムをあげ、決勝の10番グリッドを確保した。

けっこういいところいけるんじゃないの?
ま、当然でしょう
フロントかえて、58秒は固いって言ってたもんね
うちのおか〜ちゃんに、男を上げるって誓ってたしねぇ
バイクを降りると、チンピラというよりキンピラごぼうだけど、走ってるときだけはかっこいいからなぁ
そうそう!ブンゲンさんかっこいいん!(← ノリダー(♀))

ピットの期待を一身に背負い、さぁ、ゼッケン30 オートショップアオヤマ・(タイムでは)NO1スプリント・ライダー!キンピラ・ブンゲンがいよいよスタート!
ブンゲンさんは男を上げることができるのかっ!それともAかっぱー日記のネタに成り下がるのかっ!?

シグナルブルー!GOOOOOO!!!(←ロッシ風)
ブンゲンさんが10番グリッドからとびだしたぁっ!おーっと!これはいきなり!


フライング〜っ!!


・・・・レースはスタート1秒で終焉を迎えた・・・・

+++

* ゼッケン 30は、国内競技規則 付則4 18-2違反(ジャンプスタート)により、国内競技規則 32-1-3(ストップ&ゴーペナルティ)を適用した。

陸上や競泳とちがって、再スタートがないモータースポーツ。フライングしたライダーは、一度ピットロードにもどるというペナルティが与えられる。
2周目を終えてピットロードに戻ってきたブンゲンさんは、ほとんどやけくそなのだろう、軽くレッドに入ったと思われる強烈な空ふかしを「ばぉん!!」と一発。再度猛スピードでコースインしていった。

猛スピードでコースイン・・・そう、これが後にさらなる悪夢を生んだことは後述しよう

さて、コースインしたブンゲンさん・・・現在順位さんじゅう・・・何位・・?もはや数えるのもおっくうだ。要するに最下位だろ。最下位。

「いいえ!まだよ!わからないわ!だってヒラタさんが31台ゴボウ抜きというのをやったことあるじゃない!」

ノリダー(♀)がまたとんでもない古い話をもちだした。そんな15年も前の話、すでにニッポン昔話だ。おまえは市原悦子か?まったく、坊やよい子だねんねしなだ。

「うむ・・・キンピラだけに、期待できないこともないけどね・・・」

最終的にブンゲンさんは 9台ほど抜きに抜いてレースを終了。お疲れ様!と、迎えようとおもいきや、彼は2人のオフィシャルに両腕をつかまれ、そのまま仕置き部屋に連行された・・・。え?なんかあったの?

* ゼッケン 30は、特別規則 第39条違反(ピットロードの速度違反)により、国内競技規則 32-1-2(罰金3千円)を適用する。

ピットロードは60kmという制限速度がもうけらているのだが、先述したとおり、ブンゲンさんはペナルティで再スタートしたとき、ピットレーンで鬼のように暴走。本日2度目のペナルティである。

「罰金3,000円は今、ここで払ってください」とオフィシャルに言われ

「現金なんかもってないっすよ!だいたいレースするとき、ふつ〜財布もって走んないでしょ〜っ?!!」

ブンゲンさんはへりくつをこね逆ギレしたらしいが、とりあえず、次回から走るときは財布をもったほうがいいかもしれない。

さて、こんな調子で終わった筑波ロードレース選手権第二戦。でも、きっと第三戦ではリベンジしてくれると信じている。だってブンゲンさんはいつだってナンバーワン♪だもんね(はぁと)

(あ、いつだってナンバーワン♪はプリンさんだったっけ)


(おわり)
2005年6月9日(木) No.749

NEW爆音娘  [E-Mail]  2005/06/09/12:08:41   No.751
キンピラごぼう・・・??

キンピラ  [E-Mail]  2005/06/09/22:56:53   No.752
次回はチンピラに戻れるように頑張ります。



A-CUP CLUB HOME
[Admin] [TOP]
shiromuku(cu1)DIARY version 1.04