A-CUP CLUB DIARY -SEASON THREE-



おっぱいチェック


久しぶりに、山田邦ちゃんをテレビで見たと思ったら、なんと乳ガンだったらしいな。

う〜む・・・。そういえばマンモグラフィ検査を受けたのはかれこれ2年以上も前のこと。マンモグラフィとは、おっぱいを2枚の板にはさんでつぶして断面写真を撮る検査だ。挟む物がない貧乳にとっては、激しくブルーになってしまう検査なのだが、検査する側はもっと気の毒。検査官は無理矢理おっぱいをぐしぐしと2枚に板に挟み込み、そして何度も失敗し、やっと写真が撮れる状態になった頃には、汗だくのうえ肩で息をしている、この始末。「まったく、貧乳って迷惑よねっ!」という視線がとても痛いのであった・・・

それはさておき、先の山田邦ちゃん曰く、『乳ガンの検査は自分でもできるので、ときどき自分でチェックしたほうがいいですよ』

っていわれてもだなぁ〜・・・あたくしの場合おっぱいがないので、しこりなんだか、乳腺なんだか骨なんだかよくわからないんだよ・・・

最近、あたくしの『元会社の同僚』からあたくしの『配偶者』に昇格した(ォィ)SEブチョーに相談してみた。

SEブチョー、どうやって検査したらいいんでしょうねぇ?

「安心しろ、乳ガンというのは、乳の病気なだけに乳がある人に起こる病気だ」

・・・(-"-)ムッ

なんかちっともうれしくないし・・・

イラストはマンモグラフィのやり方を示した図。岡山市のHPより。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年06月28日(木) No.152 (未分類)

No. PASS