A-CUP CLUB DIARY -SEASON THREE-



昨年の反省


さて、今年も、恒例の「今年の抱負」を発表したいと思うのだが、その前に、まず、昨年の反省をせねばなるまい。

2006年の目標は

1.遅刻をしない
2.朝ごはんをたべよう

であった。

おまへは小学生か!とか、もっと大人としてたてる目標があるのではないか?という批判もいただいたが、小学校で学んだことを実行できない大人のなんと多いことか!

嘆かわしきこの平成の世をふりかえり、2006年あたくしは小学生に戻ることにしたのであった。

して、その小学生の一年がいかがであったかというと、まず「遅刻をしない」だが、6月から半年仕事してなかったし、あんまり時間に迫られるような生活をしていなかったため、あまり意識することがなくなってしまった。

続いて、「朝ごはんをしっかり食べよう」だが、これは太る原因だということが判明した。

とにかく、朝からごはんをたべると調子がよすぎて、一日中おなかがすいて仕方がない。おかげであたくしの体重増加率が一気に加速し、夏を迎えるころには危機的状況におちいった。この状況を打開するためにジョギングをはじめたのであるが、いずれにせよ、朝ごはんは食べないほうがいいぞ!


ということで、昨年は目標の立て方を激しく失敗したので今年は、もっとプラクティカルな、大人の目標をたてることにしよう。

が、今日は長くなったので、今年の目標について語るのは、明日までもちこしっ!

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年01月02日(火) No.71 (未分類)

謹賀新年


ホットプレートが壊れたのなんだのと騒いでいるうちに、気がついたら年があけても〜た・・・

反省することはたくさんあったのに、1年を振り返る間もない。ていうか、何が悲しいってあなた、年越しそばを食べてたら12時の時報がなっちゃったのよっ!

そばを残すと金運に恵まれないっていうし、まったく縁起でもない話だ。

そもそも、年越しそばとは、そばのように細く長く達者で暮らすことを願って食べるものではなかったか?にもかかわらず、あたくしが口にしたのは、おと〜ちゃんが打った蕎麦の切り落としと、おか〜ちゃんが打ったうどんの切り落とし

あの〜・・・いずれも短くて太いんですけど・・・(--;?

(ちなみに、ちゃんとした部分はすべて親戚や友人に配られてしまう)

かくして、いきなりブルーな展開となったみそぎ家の正月だが、そんなことはさておいて、今年はよい年になることを祈るばかりだ。

諸氏、今年もみそぎたまえ、よろしくされたし!



2007年1月1日午前1時40分

みそぎたまえ


TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2007年01月01日(月) No.70 (未分類)

ホットプレートの悲劇〜その2〜


さて、チヂミパーティである。

弊社のカウンターパートであるところの某社の4名の殿方がオフィスに登場し、チヂミパーティがはじまった。
4人の中でも、最も私たちとつきあいの深いミスター90(ナインティ)に至っては、なんとドンペリ持参で登場である。

ちなみになぜ彼が90と呼ばれるのかというと、こういうことだ。出張でアメリカのイナカ町に行った折、夜、やることのなかったため、彼は延々とアダルトビデオを見て過ごしたらしいのだ。
腰が抜けたのはビデオの見過ぎではなく、チェックアウトの際の請求額を目にしたとき。その額なんと90ドル。

ホテルのフロントのおねぃちゃんがこのタフガイに向かって「ふふん・・・やるわね・・」と彼の全身をなめるようにみまわしたとかしなかったとか。
かくして、一晩でアダルトビデオ1万円分を見たこの男は以来、ミスター90と、敬意を込めて呼ばれることになったらしい。

ということで、「ドンペリ」コールがオフィスに響き、まさにホストクラブを彷彿させるもりあがり。
そしてみそぎたまえの手作りチヂミご披露とあいなった。

最初の2枚はまぁまぁだった・・・コツをつかんだ3枚目からが勝負である。

しかし3枚目、チヂミのたねを流し込んだところ、ホットプレートのパワーが突然ダウン。サーモスタットが動いているのかと思ったが、そのままどんどん熱が醒めていく。
チヂミは、半ナマのままでろ〜んとした姿をさらしたまま。コードの抜けなどを確認するもどこもおかしいところは見あたらない。

・・・こわれちゃった・・・(--;?

「ていうかですよ、みそぎさん、こんなクラシックなホットプレート、いまどきないですよ」

「製造年92年って・・・これ14年も使ってるんですか?」

「新しいの買えてよかったじゃないですか^^」

「ホットプレートなんて、なにかの景品ですぐもらえるわよ^^」

我が家のホットプレート・ザ・リーサルウエポンに対して、容赦ない言葉が投げかけられた。

結局、ヤヨイさんの持ってきた、座布団のごとき巨大なピザと、豚の丸焼きほどに大きいチキン、そしてサラダが大活躍。
誰もがチヂミのことなどすっかり忘れて盛り上がったのはよきことであった。

しかし、このまますごすごと引き下がるあたくしではない。

ホットプレート買うぞ!

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月27日(水) No.69 (未分類)

ホットプレートの悲劇〜その1〜


ホットプレートが壊れてしまった・・・

世界最強のまずさとうたわれたあたくしのあの焼きそばも、このホットプレートでの特訓のおかげで、いまや「やきそばクイーン」の名をほしいままにしている。それに気をよくし、この秋には、ほぼ毎日ホットプレートが活躍した。

肉を焼き
魚を焼き
麻婆豆腐を作り
パエリアを作り
えのきバター、アサリバター、レバニラいため、ちゃんちゃん焼き・・

ああ、めくるめくホットプレートライフ・・・!
ホットプレートは、我が家になくてはならない、キラー家電であり、そう、リーサルウェポンといっても過言ではなかった。

それが破壊した、その訳・・・。あたくしはやはり、ヤヨイさんが原因のような気がする・・・

あれは韓国の出張から帰ってきて数日後のことだ。出張帰りの金浦空港で無理矢理買った1kgのチヂミの粉の処遇に手をやいているあたくしにヤヨイさんが言った。

「そうだわ!チヂミパーティやりましょうよ!」

我々は某社の大きな屋舎の中に、オフィスを間借りしているのだが、その某社の弊社担当の殿方をおまねきし、ギャル(←自称)二人でチヂミを作ってさしあげようという趣向だ。

オフィスをたちあげてひとつき。親睦の意味もかねて、こういう機会をもつのは悪くはない。飲みに行くより気が楽でいいかもしれん。

いいですね。チヂミパーティ、乗りましょう。

こうとなったら準備だ。当然、車通勤のヤヨイさんがホットプレートを持ってくるのかと思ったら、

「たまえさん、実はウチ、ホットプレートないんだけど・・・^^;」

へっ?ということは・・・

「たまえさん、電車通勤のところもうしわけないんだけど、ホットプレートもってきてくれる?」

・・・(--;

「そのかわり、私、コストコで、チキンとかピザとかサラダとか買ってくるわ^^;」

チヂミなのにピザ・・・?コンセプトがさっぱりわからないが、まぁとにかくあたくしは、我が家の家宝、ザ・ホットプレートを持ってくることになった。

そして・・・悲劇は起きる・・・

(つづく)

※写真はリーサルウェポン4のポスター。本文とはあまり関係ありません。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月26日(火) No.68 (未分類)

業務連絡


ガミちゃん、ノリダー(♀)へ

耐久の写真CDですが、27日(水)に、やっと送りました^^;

中にメモもはいっていなければ、差出人も記載していなかったことに気づいたのは、郵便ポストに投函してからでした。
怪しい郵便と勘違いして、破棄しないようお願いいたします。

ほか、アオヤマさんち関係者の方で写真を希望される方は、メールでご一報ください。

いじょ

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月25日(月) No.67 (未分類)

ヤヨイさん


弊社はまだ2人しかない会社なわけだが、あたくしとヤヨイさんはとても楽しく、そしてうまくやっている。

問題はときどきヤヨイさんが、あたくしにケンカを売ってくることだ。

たとえば先日のソウル出張(←まさか本気で焼き肉食べに行ったと思った人はおらんだろうな)の折、市内から空港までのタクシーの中でのこと。

「ねぇ、タマエさんって、マラソンやるんでしょ?」

マラソンというか、ジョギングですけど、時々走ってますよ^^ヤヨイさんもいかがです?

「ていうか、走るとさ、こう・・・胸とか疲れない?」

は?

「ほら、走るとき、胸が上下に動いて、痛いというか、疲れるというか・・・」

・・・(--)

「はっ!」

・・・(--)

「ごっ・・ごめんなさい!ちがうのよ。ほら、私はいろいろ余分な肉がついてるからっ!ほほほっ^^;」

・・・(--)

タクシーの中は沈黙が続いた。まったく、あたくしへの挑戦としか思えない発言である。

その後空港についてから、最後に免税店に立ち寄った我々。

「6000ウォンばかり残ってるんだけど、残るとしゃくだわ」と、ヤヨイさん。

6000ていうと6ドルぐらいですね。辛ラーメン6個パック6ドルですよ?どうです?

「ダメダメ、そんなかさばるもの」

じゃ、ゆずジャムとか・・・チゲのレトルトなんかもありますよ

「う〜ん・・・6ドル超えちゃうわ・・・」

つか、円かドルを足して、ほしいもの買うのがよろしいかと・・・

「あったわ!これがいい!」

人の話を全く聞かず、とりあげたのは韓国料理チヂミの粉だ

「たまえさん、チヂミ好きでしょ。ひとつ買ってあげるわ^^」

ぎゃ〜!ヤヨイさんっ・・・!この粉、1キロもありますけどっ・・・!

「だいじょうぶ、たいしたことないわよ^^」

・・・(--;

あたくしは、韓国から1キロの小麦粉を延々と担いで帰ってきたのであった・・・。

この粉で作ったチヂミがまずかったら、ヤヨイさんの車(←ヤヨイさんは車通勤)に、爆弾をしかけてやるところだったが、実においしいチヂミができあがったので勘弁してやることにする。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月18日(月) No.66 (未分類)

ソウルフル・ソウル


あたくしとヤヨイさんのその後のソウルフルなソウル焼肉食い倒れツアーだが、さすがに朝から焼肉を食べるのは、人としてどうかとおもうのでひかえているものの、昼と夜は当然欠かさずカルビな生活だ。

昼にカルビをたべたあと、あたくしは言った。

ヤヨイさん、今日の夜はふつーのチゲ鍋にしましょう。あたくしはチヂミが食べたいです。

しかしやはり焼肉屋の前に行くとつい「やっぱり肉食べなきゃ」となってしまうわれわれのマインドは、すっかり焼肉色なのであった。

そんなわけですっかり体がひとまわりも大きくなってしまったのはいわずもがな。(おっぱいは除く)
危機感を感じたわれわれは、あかすりをして、体重を落とすことにしたが、果たして効果があったかどうかはなぞである。

とりあえず、もぉええっちゅうぐらい肉は食べたので、そろそろ帰ろう。

ヤヨイさん、ふたりでずいぶんたべましたねぇ〜

「そうね・・・この4日間で何頭たべたかしら」

そんなにたべてませんってばっ・・・(--;

4泊5日のソウルはかくして終了。なんだかんだいっても、あの倉庫のようなオフィスがちょっと恋しいな。

来週からはニッポンでがんばるのだ。

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月14日(木) No.65 (未分類)

韓国


劣悪な職場環境に嫌気がさしたあたくしとヤヨイさんは、焼肉を食べに、ソウルにやってきた。

いまあたくしはこの日記を、ソウルのホテルの一室でしたためている。

とりあえず、朝8時に羽田を出発し、昼前にソウルに到着。その足で焼肉店に足を運び、『ソウル焼肉食い倒れへの挑戦 ラウンド#1』だ。が、この日のソウル、マイナス2度。寒かったのでつい、チゲ鍋を食べてしまった。

夕食は絶対焼肉にしようと思ったが、朝早かったのが災いし、夕方になると疲れて一歩も動けなくなった。ホテルのレストランで軽く食事を済ませ、結局初日は焼肉なし。

明日は絶対、焼肉を食べよう。


TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月11日(月) No.64 (未分類)


【心理ゲームの解説:2007年2月27日の日記参照】

1)このゲームの事を2番に書いた数字の人に伝えてください
2)3番に書いた人は、あなたが愛する人です
3)7番に書いた人は、好きだけど、かなわぬ恋の相手です
4)4番に書いた人は、あなたがともて大切に思う人です
5)5番に書いた人は、あなたのことをとてもよく理解してくれる相手です
6)6番に書いた人は、あなたに幸運をもたらしてくれる人です
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌です
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌です
9)10番に書いた歌は、あなたの心の中を表す歌です
10)11番に書いた歌は、あなたの人生を表す歌です

TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月05日(火) No.98 (未分類)

神は何でもお見通し


会社のIT環境がいまだに整わない・・・
特筆すべきは、なんといまどきダイアルアップなあたくしたち
il||li _| ̄|○ il||li

しかも本社から送られてきたラップトップ2台は、あのソフトもこのソフトも入っていない。パスワードがロックした、ダイアルアップがつながらない、イントラネットに入れない、とまぁ、ど〜にもこ〜にも問題続き。
プリンターに至っては、ウチの上司がプリンタドライバのCDをPCにいれたまま帰国してしまった。
メーカーのホームページからドライバをダウンロードしようとしたら、なんとファイルサイズ490M。ダイアルアップでのダウンロード所要時間24時間・・・
昼夜を問わず本社のITヘルプデスクに電話をかけては世話になってるが、24時間体制の彼ら、夜はもちまわりで自宅からサポートしてるんだろう。この間なんぞ、電話をかけたら後ろで赤ん坊の鳴き声が、ほんぎゃ〜っ!ほんぎゃ〜っ!

あの〜うしろでベビーちゃんがないてますけど・・・?

「おう、気にするな」

するよ、気にするよ (T_T)!


こんな環境に放置されたヤヨイさんとあたくしは、まさに発狂寸前である。

業を煮やしたヤヨイさんが言った。

「わたしたち、ウチで仕事したほうがよくない・・・(T_T)?」

すくなくともネット環境はウチのほうがいいですからね・・・まだ3時ですが、ええ、帰りましょう。というか、どうでしょう?お互い1日おきに出社するというのわ?

「たまえさん、やるわね。みごとなアイディアよ」

ローカルで放置されているのをいいことに、あたくしとヤヨイさんは談合の限りを尽くしているが、しかし思いの外忙しいことに気づき、とても出社をごまかせるような状況ではなくなってしまった。ごまかすどころか、夜中まで拘束されることもあり、そらも〜あなた、鬼のような働きっぷりだ。

朝5時に起きて、夜遅くまで拘束される生活に、どちらかというより心配なのは体力だったのだが、意外とタフなたまえちゃん。

あ〜、この夏あたくしが毎日10kmも走ったのは、きっとこのためだったのであろうな・・・

神はなにもかもお見通し


※写真は、サーキットの神(←激しく自称)こと、ほらげっちの神の走り(←激しく自称)。本文とは全く関係ありません。


TwitterACUPCLUB(スペースなし)で検索してください
メールはこちらご意見ご感想はコチラから

2006年12月01日(金) No.63 (未分類)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12][13] [14] [15] [16]